データ連携サービスReckoner はアドビと「Marketo Engage」におけるテクノロジーパートナーシップを締結

2020.11.24

概要

クラウド型ETL/データパイプラインサービスの「Reckoner(レコナー)」を展開する、株式会社スリーシェイク(本社:東京都千代田区、代表取締役:吉田 拓真、以下スリーシェイク)は、Snowflake Inc.(日本法人拠点:東京都渋谷区、日本代表:東條 英俊、以下Snowflake)が提供するクラウドデータプラットフォーム「Snowflake」向けにデータ連携機能の提供を開始しました。

スリーシェイクの開発・運営する「Reckoner(レコナー)」は、データベースからストレージ、SaaSまで、あらゆるデータを連携させることができる、クラウドネイティブなETL/データパイプラインサービスです。CRM/SFA/MAなどで管理されている営業データの統合や、広告などのマーケティングデータの集約・分析など、幅広い分野において企業のビジネスに適したデータ活用基盤の構築をすることができ、国内有数の大手企業からスタートアップ企業まで、様々な業種で導入されています。

「Reckoner(レコナー)」と連携ができるクラウドの選択肢に「Snowflake」が加わったことで、クライアント企業に最適な環境を実現するための提案の選択肢が広がり、これまで以上に幅広いニーズに応えることができるようになりました。また、GCP、AWSなどのデータ/ストレージやアプリケーションなど、あらゆるデータソースと「Snowflake」間でスムーズな連携が可能になり、これまでにないスピードでビジネスにおけるデータ活用を実現できるようになります。

両社は共に、デジタル化の遅れを取っている日本社会全体のDX推進に貢献すべく、今後もテクノロジーを駆使した新たなソリューションの開発に積極的に取り組んでまいります。

Reckoner(レコナー)について

「Reckoner(レコナー)」は、スリーシェイクが提供するオンプレミスからクラウドサービスまで、様々なデータを連携させることが可能なクラウドネイティブなデータ連携プラットフォーム(Data Integration Platform as a Service)です。データ整備に欠かせないETL/ELTやデータパイプラインなどをノンプログラミングで実現し、従来エンジニアが必要とされていた開発・運用コストを大幅に削減できます。
「Reckoner」サービスサイト:https://stg.reckoner.io/

スリーシェイク概要

会社名:株式会社スリーシェイク
所在地:東京都千代田区東神田1-11-14トーシン東神田4F
代表取締役:吉田拓真
事業内容: SRE特化型コンサルティング事業、データ連携プラットフォーム「Reckoner(レコナー)」の運営
コーポレートサイト:https://3-shake.com/
SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」:https://sreake.com/
データ連携プラットフォーム「Reckoner(レコナー)」:https://stg.reckoner.io/

リリースに関するお問い合わせ先

株式会社スリーシェイク ビジネスデベロップメント担当
東京都千代田区東神田1-11-14トーシン東神田4F
Email: business@3-shake.com